« 新山の後 | トップページ | 2010雪合戦ダイジェスト »

2010年3月14日 (日)

札幌チャンプ&世界3位訪問

先日、新山数日後にM下さんが訪問してくれました!

新山後に参加できなかった僕を激励に!の訳が無く
サッポロオープンに続きワードのDVD焼いて〜
(*°▽°)
との事でした(;o>。<)o

ケーキ7個で引き受けちゃいました
(*゚▽゚)人(゚▽゚*)

ちょっと雑談し
やはりお互い思うのはセンターガチの事と
審判のスキルのバラツキ
でした

現在のスタート時のガチンコは
判定がアバウトすぎるのが一目瞭然
やはりルールで
スタート時にセンターに走るのは1チーム1人まで!
ってするのがいいよねと一致団結!(でいいですよね(笑))

(is案)アウトになったプレーヤーがコート外にでるまで、2人目はセンターに入れない

(M案)30秒間は2人目以降入れない

とか決めれば判定もしやすいし、
センターに走るプレーヤーの存在価値が高まる(今は半分死んでもしょうがない、とか、センターでやりあったらすぐ逃げる等、ある意味センターを取れればラッキーみたいな感じの上に、審判がきちんと判定できない現状です)
1vs1なら審判も判定しやすい
1人目の後ろに隠れて盾にする等の防止になる
更には
チームも足が速い人に『頼んだぞ!』と任せざろう得なくなり、存在価値が高まる
観客も見応えがあり判り易い!
ん〜いい事ばかり!
たったそれだけで雪合戦は更にやり甲斐&見応えがアップします!

絶対にいいと思うんだけどな〜

とHPの掲示板と同じ事を書いてみました!

あと、スタートにしろ
フラッグ奪取にしろ
人の後ろに隠れながらプレー(盾にしながら重なり走ってプレーする)のは、妨害行為オブストラクションとして2人とも無条件でアウトにする)
とか
シェルターでアウトになった際、
あからさまにゆっくり立ち上がり、
次の選出が入ってくるのを盾となりサポートするのも2人ともアウトにする
とか
オブストラクション行為を罰則するルールをそろそろ組み込んだらどうでしょうか!

更に
審判は1シェル審判はまだ後ろ向きでしたよね(涙)
やはり1番狙われやすい場所を重点で見るのと
主審&副審&1シェ審は
対面の審判とアイコンタクトをとれる状態にしなければ、誤審は減りませんよ!

審判がアウトを言ってはダメな部位!
考えた事がありますか?
例としては
1シェルに隠れているプレーヤーの右側に対してのストレート!
これは1シェ審はまず判定してはいけません!
なぜなら…
シェルター右側にかすったかどうかは絶対に判りません!
なので右側に『ストレートが当たった!』と思ったら、主審もしくは副審にアイコンタクトをとり
確認作業を行わなければ誤審に繋がります

あと、センターに対してのダンクで
ダンクに来たプレーヤーがシェルター横から滑り込み
横から投球した場合も同様に
反対側にいる審判は判定してはいけません!
なぜなら当たっているか、ワンバウンドしてるかとか
絶対に見えないですよね!

今後そういう面も考えて
審判の立ち位置
審判の技術向上
ルールの改正
を取り組んで欲しいと願う今日この頃でした!

ガンバレ雪合戦!

|

« 新山の後 | トップページ | 2010雪合戦ダイジェスト »

雪合戦その他」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
DVDを頂きました!
遅くなりましたが、有り難うございました。

投稿: ひろき | 2010年4月 1日 (木) 08時25分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 札幌チャンプ&世界3位訪問:

« 新山の後 | トップページ | 2010雪合戦ダイジェスト »